家選びは〇〇選び

HM

家作りを考える際、まず皆さんはどこに行きますか❓

多くの方は住宅展示場に行かれるのではないでしょうか🤔
そこには多くのハウスメーカーが軒を連ねています。
各社展示場を設計する時点で持っている最新の技術を盛り込み、許される最大限の予算を費やしていきます。
また大切なお客様を集客する為のツールの1つですから、優秀なデザイナーが設計している事が多いですね❗️

・・・値段高そうですよね💦
・・・敷居高そうですよね💦💦

展示場の建物は各社そのハウジングセンター(住宅展示場)に来られたお客様を獲得する為に躍起になって作ったものです。
外観、内装、設備、家具、外構・・・至るところに割けるだけの予算を割いていきます。
ですが、スタッフ側もこの建物をそのまま建てて欲しい、これ以上のものを作りましょう!!と思っている人は恐らくほぼいないので安心してください😊

では、展示場に来て何を見るのかという点についてお話しをします。
新しい展示場であれば、今の流行であったり、先程もお話しをしました最新の技術というものを体感することが出来ます。
部屋毎に床色を変えたり、壁紙の色やタイルを貼り雰囲気を変えている建物もあるので、自分の好きなテイストを知る事も可能です。
また新居に取り入れたい内容かどうか、気に入ったものが他のハウスメーカーでもできるのかどうかなどはメーカー選びの判断材料の1つにもなります。
単純に入ってみて『なんか好き』という感覚も非常に大切だと思います。
ですが、1番は間違いなくこれです❗️

営業マン‼️

家選びは人選びです。
正直出会った営業マンによって結果は全く異なると思います。
・・・カッコいいなぁ✨
・・・素敵な家だなぁ✨
と入ったメーカーで、出てきた営業マンが笑顔もなく、そっけない態度だったらどうでしょうか?
ヨレヨレのスーツで髪がボサボサだったらどう思いますか?
一方で、まぁとりあえずここも見ておくか…と入ったメーカーで、満面の笑みでハキハキした態度、パリッとしたスーツに身を包み、清潔感抜群な営業マンが接客してくれたらどうでしょう?
最初に入ったメーカーが第一候補で、次に入ったメーカーが第二候補だった場合、おそらく結果は8割〜9割第二候補の勝ちとなります。

まぁ実際、格好はそんな酷い人はあまり見た事はありませんが…笑
ですがそういう態度の人はたまにいますし、実際私が担当させて頂いているお客様の中には、他社で相手にされなかったからとか、初めに言っていた事と違うなど適当な折衝を受けた末、こちらに来られた方も少なくありません。
外観が好き、内装が好み…でも付いてくれた営業マンがいまいちだった💧
そういった場合は同じ店の他の営業マンを付けてもらうよう正直にお願いするか、別の場所にある住宅展示場の同じハウスメーカーに行ってみましょう。
お住まいのエリアにはおそらく複数の住宅展示場があると思います。

一生に一度の買い物です❗️妥協してはいけません‼️

人が変われば見え方は180°変わります。
おおよそどこのハウスメーカーも『担当の営業はいますか?』など聞いてきます。
もし別の場所にある住宅展示場に行かれた際は、一度見学した時の営業マンの対応がいまいちでこちらに来たという事を素直に伝えてみてください😊
内輪では情報は回りますが、だからといってそれを恨んだりする営業はいません。
むしろ自分の不甲斐無さを感じ、反省している事でしょう。

家選びは人選びです。

どこの会社で作るかを決め、打合せをし、着工から引き渡しとおおよそ1年程度の期間だとします。
それ以上早くなるケースももちろんありますし、ゆっくりとなる場合もあります。
ただ共通して言えるのは、その期間よりもその後住んでいる時間の方が圧倒的に長いという事です。
住んでいる時に何か不具合があった際、頼ろうとするのは恐らく営業マンになります。
もちろんその段階では皆さんは私のような設計士にも会っていますし、現場監督にも会っています。
人によって頼る先は変わりますが、統計的には営業マンだと思います。
頼りたい時に頼れる人である為には、そもそも好きである必要があるんです。
だからこそこの人に任せたいと思える人と一緒に家づくりを進める事が重要なのです。

 

 

                   

 

コメント